2018年 02月 02日
究極精錬に悩む
にーまーいーめー
a0255849_01251343.jpg


そしてなんか来ましたね。
a0255849_01264736.jpg
誰もが思ったであろうことで、、
究極チケット売り上げ悪いの???という心配。

それとも、過去究極で散々叩かれてきた装備の価値が落ちないよう、
救済しておこうというガンホーさんの粋なプレイヤーへの心遣いなのか。

いや、無いな



そんなことを言いつつも、+9リスの強化は純粋に嬉しいですね。
最近は魚ばかりですが、連にも力を入れていきたいとか思ってしまいます。

とりあえずだ。

a0255849_01310535.jpg
全く使われず、倉庫の上の方にあったコイツの出番か。



a0255849_01320069.jpg
なーんて、そう都合良くいかないよね。
新年入ってからの精錬運がだいぶヤバイです。
この波が究極にまで及んだらと思うと、心苦しくて生きて行けな・・・・・・くはないが。



目下最近の悩みは、
究極精錬で何を叩くべきかということなのですが。


悶々と悩んでいる経過報告。


~究極精錬候補たち~

・10古びた修羅(9から)
ロビー鯖に持ち込めるという話を聞いて、候補として再浮上。
オート練気はやはり魅力的
しかし、低確率(通説10%)の+10挑戦における大敗が怖すぎる

・10フリオニ(8から)
連でETくらいの超FleeMOBなら攻撃がほぼ当たるようになるという魅力。
作れば出来ることが広がってきっと楽しい。
修羅+連の2PCソロET攻略など夢がひろがりんぐ。
しかし、ETはともかく夢幻で出す火力としては魚が最有力になってきていて、
いまさら連で、おまけにアロスト用装備って時代遅れ? という気がしなくもない。
MA珍持ちなら狙っていく価値は高そうですけど。生憎とMAに興味がない。
使いたい方向性を考えると、+10でないと意味が無いのが辛いところ。

・10カリツ(8から)
大鷲は夢。
しかし、これで狩場が広がるのかはイマイチ疑問。
大鷲シビア狩りは楽しそうだが、、、
鉱山で湾のレベル上げが出来そうな可能性を感じるものの、湾はキャラ優先順位が低い。
しかし連において、大鷲#火力には非常に憧れる。
キャラ優先順位における連vs魚、仁義なき戦い

・9超越者(7から)
鯖セットと暴走の両立が実現可能。やっぱ欲しいよね。今のメインの遊び方で純粋な火力上昇。
昨今の魚稼働率を考えて有力候補に浮上中。
リアルマネーのことを鑑みれば、コイツだけを+9狙いしていくのが一番現実的な気もする。

・9エデン(7から)
魔グロのアクセ枠ひとつでどの程度装備の幅が広がるか。
MDや獄においてはライオットダクハンが優秀なので、9エデンをこそ使う、というビジョンがいまいち明確でない。
脱落最有力候補。

・9教皇(8から)
これ(ディレイ30)、D鍛治(20)、ぐぅ皮(12)、砂服(23)でDEF無視アロスト連が爆誕する。
D鍛治を熱狂(15)+ギリ粉(15)にすると鎧が白衣(10)に変更可能。※3足りないけど許容範囲かなと。
連の出番が多いなら非常に魅力的。
ただし、ゼニーで買える可能性も一番高い一品。
8⇒9のみなので、これだけ成功させて満足感を得つつ他に行く・・・・・という手も考えてしまう。
※1個も装備が完成しないのが一番辛いので。


以下、候補から脱落

・10悪魔の手(0から)
作るならこれに全てを注ぎ込むべき、という価値はありそうに思えるが。
作れば活躍を見込めるけれども、これまで古びたに投資をしておいて、それでもまたイチからお金をかけて乗り替えるだけの価値があるのか。
狩りなら7で十分なんでねーのとも思ってしまったり。チェンcを二枚揃えるのに時間も掛かる分、今焦る必要は無さそう。
ゼロスタートというのも辛い。改良濃縮エルは精錬祭りでの+9ダクハン狙いのためにとっておきたい。
精錬祭りで+7にしておいて、また来年の候補行きの結論。(ROが続いていれば)


・9深淵ドレス(7から)
使う局面が限定的過ぎて、勿論欲しいけど優先順位は一番低い。


叩きたいのは沢山あれど、狙えるのは1個、運がよくて2個といったところなので。
さてはて、ぼちぼち決心せねばなりません。



by Hotaru1001 | 2018-02-02 02:15 | 戯言 | Comments(0)


<< 週末はがっつりROできず      魂の叫び >>


©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。